医療事務 男性

メディカルクラ ークと簿記、勉強するならどっちが良いの?

就職難が懸念されていますが、そのせいかしっかりと資格を取得しておこうと思う人が増えています。特にその中でもメディカルクラークの資格は人気なのですが、医療事務という見方をすると、それ相当の色々な知識を身に付けなければなりません。レセプトの作成方法やある程度の接客マナーも必要ですし、医療専門の事務知識も必要になってくることは間違いありません。

そして簿記に関してですが、これはもう昔からある経理という職業には必須の資格となります。簿記はどの会社でも必要で、経理がない会社はまずありませんので、資格を持っていることでどの会社にもオールマイティに勤められやすくなります。従って簿記もメディカルクラークも資格としてはとてもやり甲斐のあるものだと言えるでしょう。しかしながらメディカルクラークに関しては専門分野、そして簿記に関してはどの経理に関しても資格が発揮出来るという点で間口が広いのは簿記資格と言えるでしょう。

しかしこれからの高齢化社会には絶対に医療は欠かせない分野であり、人間が生きている内は絶対に病院は必要となりますので、そこを考えるとメディカルクラークもとても強い資格と言えます。ならどっちを勉強したら良いのかを考えると、やはり自分が働きたい場所や時間の条件、自分にどちらの勉強のほうが向いていて集中出来るのかの向き不向き等、総合的に考えて決めるしか無いでしょう。折角取得する資格ですので、必ず活かせる環境等をしっかりと見極めるのもとても大事です。

病棟クラークの仕事内容はキツい?!

一生懸命専門知識を経て、病棟クラークになる人が結構いるようですが、傍から見ているととても重労働な仕事だという認識を持つ人がいるでしょう。ナースステーションの窓口にいる人でなんでも出来なければならないというイメージがありますよね。入院患者のフォローからその家族に対しての対応等、色々な話の窓口にならなければならないこともとても多い仕事です。それ故にとても重労働なイメージがありますが、逆に言えば仕事内容に困らないとてもやり甲斐のある仕事だとも言えます。

入院患者さんや家族の人たちは病院の中で働いている人を見たら、看護師なのか事務職員なのかさほど区別なく話しかけてくる事が多いでしょう。具合が悪くなれば看護師さんを呼んで状態を話すというよりも、病院内で働いている人ならば誰でも捕まえて今の状態を話す人だって少なくないのです。そんなことは日常的に行われているはずですので、ある程度話す能力だって必要になりますし、医療的な専門分野以外の話ならばある程度出来るようになっていなければなりません。

患者さんのストレスに対して向き合えるだけの度量も必要になるでしょう。病棟の中で起こる様々な出来事に対して冷静に対処出来る能力が必要になってくるのが病棟クラークです。そういう点で仕事内容がキツいと感じて辞めてしまう場合もあるのですが、そこに「生きがい」を見出すことが出来たら、立派に病棟クラークを勤めあげることが出来るはずですよ。

中卒でもメディカルクラークになれるの?

今は全国的に医療事務の資格をとる人が多くなりました。正確に言えば医療事務自体は国家資格ではないので、なくても医療事務は出来るのですが、医療事務としてこれだけのスキルをしっかりとこなすことが出来ますというメディカルクラークの称号を貰うために頑張っている人が沢山います。

しかしながら、このメディカルクラークの称号を貰うには試験に合格しなければ貰えません。その試験には一定のルールがあり、医療事務として1年半以上の経験がないと試験が受けられないのです。医療事務自体は資格があって無い仕事となりますので、正直、スキルを身につけるだけならば中卒でも全然問題なく資格を取ることが出来ます。しかしメディカルクラークを取るのならば実務経験が必要となるので、基本的に病院等で働かなくてはならないということになります。病院はやはり高卒以上の人を求める傾向が非常に強いですので、中卒で医療事務の資格を習得しても実際に実務経験をさせてくれる病院は皆無に近い可能性が高くなります。

そうなってくると中卒の人がしっかりと実務経験をさせてくれる病院を見つけるには、やはり自分の肩書を高卒以上にしておく必要があるということになります。この事実を知ると中卒の方々はなんとかして高卒の肩書を取ろうとして頑張りながら、医療事務の資格を目指し、実務経験を経て、そして最終的にはメディカルクラークの試験に挑むという道筋になります。

なかなか厳しい部分があるとは思いますが、やる気さえあれば必ずやり遂げることが出来るはずですので、目標を決めたら出来るだけ挫折しないように頑張ってみましょう。

求人倍率が高い?医療クラークとしてのスキルをアップしよう!

世の中が不景気であり、就職難に打ち勝とうと思えば誰でも出来るだけ就職に有利になる資格を取ろうと思いますよね。特にこれからの日本の構造を考えると、医療系の資格を取ることはまず食いっぱぐれがないと考える人が多くなっています。

たしかにそれは正解であるのですが、みんなが同じような答えをだすので、医療クラークの資格を取得する人が急増してしまい若干飽和状態にあります。厳密に言えば、資格だけを持っている人が飽和状態で、本当は病院側の立場としては使える人材が喉から手が出るほど欲しいのです。したがって資格保持者というよりも実務経験者を優遇する傾向にあるのです。もっと言い換えれば資格保持者であり、実務経験者であり、そしてその実務経験が比較的長い人が特に優遇されるようです。

医療クラーク系の仕事は資格だけとってもそれを生かせないと意味が全くありません。資格がなくても実務経験があれば病院はそちらの方を優遇します。となると、資格を取るにも実務経験する事が出来る専門学校に通いそこでしっかりとスキルアップすることが大事になってきます。

医療クラークのスキルアップは実務をこなすことになってくるので、まずはその土俵に上がらないと話にならないのです。スキルアップをそれなりに重ねていくと、自分が結婚や出産、育児や家事でその医療現場から離れても、また戻ってきた時にすぐに採用されやすくなり結果的にブランクがあるにも関わらず、求人倍率にも打ち勝つことが出来るのです。

つまりは独学で学ぼうと、資格を取れるだけの知識を得ようと実務経験できるバックボーンがなければ求人倍率にはなかなか打ち勝てないという厳しい現実があるのも事実なのです。

職業訓練でメディカルクラークの授業を受けてみよう!

メディカルクラークを目指して日夜勉強に励んでいる人がたくさん居ますよね。病院というのはこれからの時代、切っても切り離せないものとなっていくることは誰もが承知のことです。それ故に病院と深いかかわりのある医療事務のエキスパートを目指したいと考えている人も多いでしょう。ただ、どのようにして資格を習得したら良いのかわからない人もたくさんいるのが現実なのではないでしょうか。全く医療関係は素人同然で1から学んでいくという人も少なくないはずです。

そんな時はハローワークにある職業訓練に注目してみましょう。ハローワークの商業訓練の中にはちゃんと医療事務もあるのです。職業訓練を受けるにはハローワークを通さないといけないので、ハローワークに通うことが必須となります。そして職業訓練校の試験となります。面接は特に重要でどうして職業訓練を希望したのか等を尋ねられますのでしっかりと自分の意志を告げるようにしましょう。服装の乱れ等にも気を付けて自分がどうしても医療事務の資格を取りたい熱意を面接官に伝えることが大事となります。

そして晴れて合格したら職業訓練の開始となり、そこから資格取得へと繋がります。特に医療事務の職業訓練は人気が高く選考で落とされる可能性も高いと言われていますので、面接官に印象が残る熱意と雰囲気を武器にしていかなければならないでしょう。

まずは資格を取得したいと思って言う人は一度、ハローワークの職業訓練に目を向けてみて実際にどんな感じなのか、どんな人たちが応募しているのかを体感する必要もあるでしょう。

メディカルアシスタントとしてやりがいを見出そう

メディカルアシスタントとは色々な解釈で取られることも多いのですが、一般的には「医師事務作業補助者」のことを指す場合が多くなります。医師が行う事務作業を補助する役割であり、内容は多岐に渡るのが現状です。

それだけにやりがいがある仕事とも言えますが、しっかりと実務をこなさないと周りの人達の脚を引っ張ってしまうことにもなりかねません。病院はとても忙しく、やらなければならないことが山積みでしょう。病院で働く先生の負担を軽減させるために必要な職業なので、やるべきことをすべてしっかりとこなして先生がスムーズに仕事を運べる補佐をしなければならないことも多いはずです。

医療クラークとか医療秘書とかいろいろな言い方で呼ばれる場合もあり、そのあたりの線引が曖昧だったりするのですが、しっかりと仕事をこなすことが出来ればこれほどやりがいや生きがいを見出すことの出来る仕事は無いかもしれません。このメディカルアシスタントは平成の20年から本格的に導入されたポジションでまだ日が浅いのですが、このポジションを目指して日々、頑張って資格を取ろうとしている人たちも多くいます。病院内での雑務も色々とありますので、それもすべてこなすだけの能力も必要と言われています。

自分の適性を見極めて、仕事内容を確認し、その上でメディカルアシスタントとしてやっていきたいと思う人は適正がある可能性があるでしょう。しかしながらこれも実務経験がものをいう仕事となります。色々と経験をしてみて立派なメディカルアシスタントになれるのです。諦めずに頑張ってなんでもこなせるメディカルアシスタントを目指しましょう!

上手に窓口対応しよう!病棟クラークの基本

今、病棟クラークの仕事を目指す人が増えていますが、この病棟クラーク、とても大事な仕事であり、病棟の顔となると言っても過言ではありません。患者さんのそして患者さんの家族や見舞い客がまず最初に顔を会わせる人である可能性が高いのが病棟クラークなのです。なんといっても窓口対応がありまして、それは病棟クラークの大事な仕事の1つとなります。病院の印象というのは医療の確実さもポイントですが、病院内で働く人たちの上手な対応もとても重要なものですよね。

診てもらう先生方の対応がとても良い印象でも、働く人たちの対応がとてもずさんで愛想が無かったらたちまちインターネット上の口コミサイト等でしっかりと書き込まれますし、評判の悪さに関してはすぐに広まる傾向にあリます。しかし病院内で働く人達がとても誠意ある対応で印象が良かったらその病院に対して何かあったらまたこの病院にお世話になりたいと思う筈です。

病棟クラークはその印象を担う部分に属していると言えますので病院の印象を左右する大事なポジションと言えるでしょう。入院している人たちのケアもすることがあるでしょうし、内部の人たちとの接触も当然ありますし、病棟クラークはなんでも出来る人で、ある程度器用にその場を仕切ることが出来なければ難しいと言われています。最初は戸惑うことがとても多いとは思いますが、それも実務経験です。実務経験に慣れていけばどんどんその場に対しての仕切りも上手になっていくものですし、どんどんその仕事に対して自信が付いてくるでしょう。そうなった時、病棟クラークほど、やりがいのある仕事は無いと感じるのではないでしょうか。

医療事務技能審査試験に合格したい!最短でどれぐらい掛かる?

医療事務技能審査試験に合格するのに最短でどれぐらい日数が必要なんだろうと疑問に思っている人も少なく無いでしょう。是が非でも早く資格をとって仕事に就きたいと気持が焦る人もたくさんいるからです。

しかしながらここにちょっとした矛盾点があります。早く就職がしたい人がこの資格を目指すわけですが、この資格を取得するには「実務経験」が必要になります。ここに矛盾があるのです。実務経験に活かすためにこの資格を取得しようとしているのに、先に実務経験をしておかなければならないのです。従って、医療事務技能審査試験の最短合格の日数に関してのみ言及すれば、実務経験があって、学習をしっかりとこなすことが出来れば3ヶ月前後で習得可能となるでしょう。

しかしながら実務経験は一体どこで行うのか?という矛盾点は拭いきれません。結局のところ、実務経験をさせてくれる専門学校などに通わないとこの資格を取得することは難しいということにあるわけです。もっと言い換えればこの資格自体、実務経験がある人向けの資格なのではないかとも考えられます。色々調べてみると恐らく、千差万別に飛んだ見解があるのがこの資格です。全く必要ない、無駄である、絶対に必要、これを取っているとすぐに採用される…本当にバラバラなのです。逆の見方をすると、それだけ病院によって雇用条件が違うと言えるのではないでしょうか。

資格がなくても実務経験が豊かな人を採用しますという方針が今の病院の殆どです。しかし中には資格がある人を採用しますという病院もあります。本当にいろいろなようでこれがまた頭を悩ませる種なのですが、早い話、「即戦力」になる人材でないと難しいのです。

医療事務技能審査試験に最短で合格する人も、すぐに就職が見付かる人も共通する事は「実務経験者」ということになるでしょう。

病棟クラークの面接でこれだけは注意しよう!

病棟クラークに憧れて、この仕事に付きたいと思っている人も少なく無いと思います。特にこれからは高齢化社会であり、病院はとても忙しくなり、たくさんの患者に追われる形になることは間違い無いでしょう。そんな忙しい病院の中で特に待たされる身の患者側はイライラしたり、不安をたくさん抱えているような人が圧倒的でしょう。そんな時に病棟クラークに働く人たちの窓口の対応1つで待っている人たちの心が和むのではないでしょうか。

恐らく、病院側はそんな病棟クラークを待っている筈です。仕事をソツなくこなすことも当然、大事になってきますが、それらは実務経験を積めばそれなりにコツだって掴めてきます。しかし、来院した人たちの気持を穏やかにさせる事が出来るのもとても大事なことで、病棟クラークはその辺りの対応もとても大事にしなければならないのです。

以上を踏まえて、もしも病棟クラークに憧れて、この仕事に就きたいと思う時は、自分がどんな病棟クラークになりたいのかしっかりと面接でアピールしましょう。自分がこの病院に来た時の患者の立場になって、こんな病棟クラークがいたら良いなというものを目指したいということをしっかりと面接官に伝えましょう。また当然ですが、服装の乱れや、態度、言葉遣い等にもしっかりと注意して面接官に好印象を与えることを忘れてはいけません。                       なかなか大変な仕事なだけに面接官はしっかりとした芯の通ったやる気を見たいはずです。そのあたりをしっかりと自分なりの言葉でアピールすることが面接突破の鍵となるのではないでしょうか。 

夜勤は辛いもの!?病棟クラークの実態

病院で働くというとイメージ的に夜勤が付き物という感覚がありませんか。病院の先生や看護師さんを見ていると夜中も走り回っているようなイメージがどうしてもあり、病院内で働くのはイメージ的にキツいんじゃないかと想像する人も少なくありません。ましてや夜勤があったりすると体力的に辛い状況が続きそうだと感じる人もいて、病棟クラークもその中の1つなのではないかと考え、目指すのを躊躇する人もいるかもしれません。

確かに病棟に関する仕事はすべて夜勤とどうしても付き物だったりします。入院患者さんが総てになりますので、夜中に色々と診てくれる人が居なければ入院病棟は成り立ちませんよね。そして病棟クラークに関しては、正直、夜勤がある病院もあればそうでない病院もあるようで、こればかりは病院の性質や、やり方によって大きく差が分かれます。

病棟クラークは看護師ではないのですが、病棟内での幅広い活躍がありますので、夜勤が当たり前にある病院も少なくないのです。病棟クラークを目指していても、夜勤はどうしても辛く結局は長続きに繋がらないような状態になってしまったら元も子もありません。自分が働きたいなと思っている病院の雇用状況をしっかりと把握してここの病棟クラークならば求人に応募しても良いとしっかりと判断出来るまで、見極める必要があります。

折角目指した病棟クラークも雇用条件によって挫折してしまう人も結構いますので、そうならないようにするためにも色々な求人を見て参考にするのが一番でしょう。